Michizaki

Client Michizaki Izakaya

Year 2016

Michizaki-logotipo

Michizaki is the first izakaya restaurant in Braga and it serves traditional Japanese snacks. Created by Guilherme Michishita and Marcos Kurosaki, in 2016, the region’s most traditional Japanese restaurant has a name, space and identity tought together between the founding partners, the architecture team and the design team.

The identity project seeks, in the first place, to have the strength to capture the attention of a wide audience that, for the most part, is unaware of the izakaya concept. Secondly, it intends to make it easy to memorize its name and connect it to Japan. Finally, the original characteristics of the materials, their textures and colors are reinforced, in order to keep up with the architectural project and, of course, the kitchen concept.

Our solution was to divide the name into syllables, to make it easier to read and memorize the word, which is a mix of Michishita and Kurosaki. On the other hand, vertical and block writing seeks to approach, in some way, Japanese writing. In 2019 we developed the new menu, with a laser-engraved pattern that allows to make a pressed wood board flexible.

道崎は、ブラガ初の居酒屋です。2016年以来、日本の伝統的な軽食を提供しています。ギルヘルム・ミチシタと黒人マルコスによって作成されたこの地域で最も伝統的な日本料理店は、創業パートナーによって共同で考案された名前、空間、アイデンティティを持ち、アーキテクチャチームと設計チーム。

アイデンティティプロジェクトは、まず、居酒屋の概念をほとんど知らない幅広い聴衆の注意を引くのに十分な強さを目指しています。第二に、名前の暗記を促進し、日本とのつながりを伝えることを目的とし、最後に、素材の本来の特徴、テクスチャー、色を建築デザインともちろんコンセプトに合わせて強化します。キッチンから。

私たちの解決策は、名前を音節に分割することで、ポルトガル人が道下と黒崎の交差点から生じるこの単語を読みやすく、暗記しやすくすることでした。一方、縦書きとブロック書きは、なんとなく日本語の書きに似ています。 2019年に、私たちはプレスされた木板を柔軟にすることを可能にするレーザー彫刻パターンを備えた新しいメニューを開発しました。